バンコク暮らしの買物事情|バンコク格安アパート

バンコク暮らしの買物事情

バンコク暮らしの買物事情

バンコクに暮らす私がバンコクの買い物事情について語りたいと思います。語るってほどのものじゃありませんが、ひょっとしたら役立つ情報が見つかるかも?

1.ちょっとした買い物

これはバンコク近辺ならばどこにでも(は少々言い過ぎ)コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、時々ローソン、ミニロータスとかミニトップスとか)があるので困ることは無いでしょう。

または小さな個人商店もコンビニに押され気味ですが、まだまだあちこちに点在しています。日用品や飲み物、食べ物くらいならば、コンビニ及び個人商店で十分賄えるでしょう。

またタイ料理屋台があちこちにあるので、ちょっと外へ出ればご飯も困らないのがタイの良いところ。(細かい不満は沢山ありますけど)需要あるところに供給するシステムができてるんですね。

2.自炊派の買い物

コンビニ、個人商店では肉や魚、キャベツなんかの食材は基本的に売っていません。これらの食材はスーパーマーケットで買うのが一般的ですね。家の近くに市場がある場合、人によっては市場で買うとう言う人もいます。

代表的なのはトップス、ロータス、ビッグシー、高級デパ地下スーパーのグルメマーケット、ビラマーケット、フードランド、日本人御用達のフジスーパー、最近出店が目立つマックスバリューってところでしょうか。

品揃えでいうと、ロータス>ビッグシー>フジスーパー>グルメマーケット>トップス>フードランド>ビラマーケット>マックスバリューの順でしょうか。ただしロータス、ビッグシーはスーパーというよりもショッピングセンターといったほうがしっくりくるくらい巨大なのでタイ人が週に一度のお買い物で訪れているので大量に商品を購入しているのでレジの進みが物凄く遅いというデメリットがありますね。

フジスーパー、トップス、マックスバリュー、グルメマーケット、ビラマーケット、フードランドはワンフロアーのスーパーマーケットなのでそれほど込みません。

3.大物の買い物

大物とはテレビとかテーブルとか洗濯機とかその手の商品です。これらはロータス、ビッグシー、または専門店で買います。バンナーのイケアとかも含まれますね。

バンコク暮らしのデリバリー事情

と、当たり前とも言えるバンコク買い物事情でしたが、商品を購入したら持って帰らないと行けません。コンビニで弁当とジュースを買って帰るくらいならばなんの問題もありませんが、洗剤だのコメだの水だのを買うと持って帰るのはシンドイです。途中で放り投げて帰りたくなるくらいシンドイです。

ということでバンコクのデリバリー事情についてです。実はバンコクのデリバリー事情は結構優れているんです。クオリティ的にタイって感じる箇所は沢山ありますが、細かいところを気にしなければ快適なデリバリー生活が遅れます。

1.食事

代表的なのは以下の4サイト。これ以外にも直接受け付けている店(マクドナルドとかケンタッキーとかドミノ・ピザとか)もありますが、電話注文だとタイ語必須です。タイ語が話せる人はデリバリー事情なんて知ってて当然ということで省きます!また以下のサイトに登録しておらず電話でのみ受け付ける日本食屋もありますが、以下4サイトでほぼ各国料理が食べれるので・・・省略します!

上記4サイトは概ね日本語対応しているので、英語もタイ語もダメ!ってかたでも欲しいものを選んで住所と電話番号を入力できれば部屋までご飯が届くんです!

支払い方法やデリバリー対応地域はそれぞれのサイトを確認してください。

2.デリバリー(実店舗)

デリバリー(実店舗)とはスーパーで買った商品を家まで持ってきてもらうサービスのことです。実際の買い物は店まで行く必要があります。以下の店が対象となります。レジでデリバリーって言えば紙を貰えるので住所を書いてデリバリー置き場に商品を置いておけば完了です。店によっては先に会員登録して置くと会員番号だけで持ってきてくれるところもあります。

  • トップス
  • ロータス
  • ビッグシー
  • フジスーパー

グルメマーケット、フードランド、ビラマーケットは私の生活圏外なのでデリバリーしてくれるかはちょっとわかりません。

3.ネットショッピング(日系)

日系の日用品ネットショップですね。私が知っているのは以下3サイト。でも使ったことはありません。理由は高いのと品揃えの少なさと配達可能範囲が狭い点。同じ商品でもタイ系のネットショップより平均して1割くらい高いです。日本の食材の豊富さでは圧勝している点と日本語だけで完結出来る点がメリット。

4.ネットショッピング(タイ系)

タイ系の日用品ネットショップですね。私が知っているのは以下3サイト。普段使用しているのはトップスですね。理由は最初に出会ったのがトップスだったから、そして不満を感じたことが無いからです。。

この3サイトは店頭価格と(多分)同じ値段で販売しています。つまり店まで行く理由が無い!送料も一定額以上購入すれば無料になります。しかも当日、翌日配達可能!配達範囲は少なくともバンコク周辺の電車が走っている地域はOK!

まとめ

つまり、バンコク暮らしの買物事情は、重い物やかさばる物を買うついでにネットショップで買い物をすれば、普段の生活は家の側にコンビニさえあれば事足りる。ということなのです。

私も最初は家でご飯作ろうとしてスーパーの側とかに住んでましたが、すぐに失敗だったと気づきました。料理をするのが面倒なのです。タイに住むと色々と面倒になるものなのです。タイは屋台文化なので子供のいる家庭以外はあまり自炊しないという有名な話は半分正解、残り半分は面倒くさいから!なんじゃないかと思う私です。

このサイトを駐在員の奥様が見ているとは思わないので、断言しますが、家の側にコンビニさえあれば良し!できれば大店のセブンイレブン(品揃えが豊富)があれば最高!という結論でどうでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする