タイの日系不動産屋事情|バンコク格安アパート

タイの日系不動産屋事情

タイの日系不動産屋について

タイには格安から普通、高級まで各種豊富なアパートやコンドミニアムが乱立していますが、当サイトで紹介しているのは主に格安アパートです。じゃあ普通ないし高級アパートを借りたいという方はどうしているのかというと一般的には日系の不動産屋を使います。

と言う訳でバンコクの日系不動産屋について考えてみました。

不動産屋を使うメリット/デメリット

ちなみに私は不動産屋は使いません。理由はメリットが無いから。詳細は以下を参照。

不動産屋を使うメリット

不動産屋を使うメリットは思いつく限りだと・・これくらいですかね。ちなみにタイに一年も住めばタイ語の日常会話くらいは出来るようになります。その際以下のメリットは不要になります。

日本語で完結する

部屋の希望を伝えると条件にあった空き部屋を探してきてくれて案内してもらえます。一般的には日本人担当者がついて色々とサポートしてもらえます。

基本的に無料

不動産屋は貸主から家賃一ヶ月分をもらうので貸借人は不動産屋へ直接お金を払う必要はありません。ただし、タイで不動産賃貸紹介をしている業者で貸借人からお金を取る業者は存在しません。

生活サポート、アフターケア

実際に生活していて困ったことがあれば電話でサポートしてもらったり、業者を手配してくれたりします。よくあるトラブルはエアコンから水漏れが!とか水道が出ない!とかですね。

家賃手当の上限まで使い切ってくれる

電気代や水道代、インターネット代を家賃に含めて、規定された家賃の上限で借り、浮いたお金はキャッシュバックしてもらったりできます。

本当の家賃は30,000バーツのところ、40,000バーツということにして、電気代、水道代、インターネット、日本テレビの領収書(仮に合計5,000バーツ)を持っていくと40,000-(30,000+5,000)で5,000バーツがキャッシュバックされるという仕組みですね。

そんな小賢しいことも日系不動産屋は得意なので相談に乗ってくれる(持ちかけてくれる)でしょう。まぁ普通に犯罪ですので皆やってるで概ね済むけど、済まないときもあるので、口車に乗らないようにご注意を。

不動産屋を使うデメリット

デメリットというか私及び周りの人たちが不愉快に感じた点です。

一般的にタイ人化した日本人が多い

日本人による日本レベルのサポートを受けることは難しいです。なぜならタイに長く住むと思考回路がタイ人化してしまうからです。特に不動産屋はタイ人比率が高い人が多いです(私調べ)。

具体的には電話は返さない、メールも返さない、都合悪いと忘れていたフリをして誤魔化そうとします。タイ人特有の、ヘラヘラして逃げ切ろうとする感じまで似通っていて非常に不愉快ですね。

追い詰める(当然の要求をしているだけ)と最終的には「ここはタイだ!これで嫌なら訴えてみろ!」とか言い出します。まぁ本当に訴える素振りを見せれるとちょっとづつ条件を良くしてくるんですが、まるでパッポンの悪質な土産物屋(最下層のタイ人、いやタイ人ですらないかも)みたいで物凄く不愉快ですよね。ただし、訴訟マニアといえるほど訴訟を連発するリアルガチクレイジーな不動産屋もある(あった?)ので注意が必要です。

オーナーに日本人が多い

一般的にタイ人以外のオーナーは面倒なのが多いです(私調べ)。日本人も例外ではありません。いや日本人のお年寄りは特に面倒です。何故ならばそのお年寄りも不動産屋の被害者だったりするからです。

「利回り○○%で運用できますよ!」なんて言葉を信じて退職金だかをタイの不動産に突っ込んで貸し出しているので、床の傷だのなんだのに物凄く細かい方が多いです。不動産屋の入れ知恵で「借りた時点と同じ状態で返せ」なんて平気で言ってきてデポジット全額没収しようとしますからね。不動産屋が経年劣化を知らない訳がないので悪質だと思います。(ただし本当に知らない可能性は大いにあり得る)

賃借人より大家優先

先述の通り、不動産屋は大家からお金をもらっています。また賃借人が出ていって、新しい人が入ればまた大家から紹介料をもらえます。つまり繋ぐべきは大家であり、賃借人ではありません。むしろ合理的に考えたら一旦契約したら、さっさと出ていってもらって、デポジット没収して、新しい人をいれたほうが儲かるんです。

まぁそれは構いません。日本でも他の国でもきっとそうでしょう。しかし、日本ではソレ(事情)を表面に出す人は滅多にいません。タイでは・・・まぁよくあることです。アメージング・タイランド!

生活サポート

メリットでも上げましたが、エアコンから水漏れがしている場合を例に考えてみましょう。ちなみにこの手のトラブルは高級アパートでもよく有ります。

日系不動産屋のサポートだと、業者に電話してくれて早くて当週、まぁ翌週くらい(土日は別料金とか言われる)にダラダラした修理業者が来て、五分五分くらいの確率で直して帰っていきます。治らなかったら次回。ついでに何かしら壊していく可能性15%。

直接タイ人大家との契約だと、大家に電話すると当日、翌日、または都合の良い土日にカップカップ言いながら修理業者が来て、ほぼ一発で直して帰っていきます。

つまり、タイ人大家の方がまともな業者を使っているってことなんですね。日系不動産屋はなめられまくってるってのは感じないこともありません。

さらに、業者の料金ですが、日系不動産屋だと普通に居住者に払わせようとします。ソレはないだろと言い返さないと払おうとしません。不愉快ですよね。タイ人大家にその危険はほぼありません。

エアコンは大家のものなので大家は常に使える状況にしておく義務があるんです。だからタイ人大家は年二回のクリーニングをやってくれたりするんです。日系不動産屋の日本人大家がエアコンクリーニングしてくれる率は・・ほぼゼロかなぁ。(管理組合で実施している場合を除く)

デポジット返還率

一般的なアパートならばよっぽど消せない汚れをつけない限り100%帰ってくるのがデポジット(入居時の預け金)ですが、日系不動産屋を通すと100%返還はほぼ不可能になります。上記の通り、大家との関係を継続することが第一目標だからです。

退去チェック時に物凄く些細な傷や汚れを指摘してきて、「ああ、これは最初なかったよね?」なんて始まります。貸出時点での傷の有無を証明する義務がどちらに有るのかは私にはわかりませんが、大家に対しては良いアピールとなるのでしょう。

大家は修理業者に知人がいる場合なんてほとんどないので、奪い取ったデポジット全て(仮に100,000バーツ)を修理業者に10,000バーツくらいで出して差額を抜くなんて当たり前なんでしょう。セットの椅子一脚に傷があったらからテーブルセット分請求して自分でニス塗って請求書出したって豪語していた不動産屋もいたくらいです。

家賃が割高

一般的に日系不動産屋に部屋を任せている大家は現在の相場に対して無知なことが多いです。タイの不動産価格は上がりっぱなしって記事は多いですが、実感としては家賃30,000バーツを超えたあたりから建物から発するガラガラ感がすごい出てきます。

大金持ちタイ人ならば別に固定費がそれほどかかるわけじゃないので借り手がつかないなら付くまで放置となりますが、そうでない人達(ローン組んで賃料で回収予定の人とか)は家賃を下げてもゼロよりはマシという考えになるのは普通ですし、そういう人は結構います。

日系不動産屋はめったに相場以下では貸しません。なぜなら「利回り○○%で運用できますよ!」なんて言葉巧みに自分で売ったから。しかしタイに住む日本語しかアクセスできない日本人とか、家賃会社持ちの日本人は沢山いるので割高感のある価格設定でも貸し出せてしまうんです。

試しに日系不動産屋の紹介された物件に後ほど言ってみて、オフィスで「空き部屋ある?」と聞いて見てください。よほどの人気物件でない限り、おそらく1割から2割くらい安い値段の部屋が存在するはずです。

その他

その他の日系不動産屋ならでは(?)のデメリットやトラブルもあります。私自身や友人、知人達のリアル話ですが、ひょっとしたらフィクションかもしれません。話半分で聞いてください。

■Aさん(38歳、日本人妻子と同居@賃借人)の体験談
契約期間満了で別の日系不動産屋に頼んで引っ越そうとしたところ、特に弊社に落ち度が無いのに不動産屋を変えるのは失礼だ!と一時間に渡り暴言を吐き続けた。

■Bさん(30歳、独身@賃借人)の体験談
Aさんの後輩でAさんの引っ越しを手伝っていたため暴言事件を目撃し、ソレを理由に契約期間満了時に他の不動産屋を使って引っ越し。これにまた激怒した不動産屋にデポジット以上の請求を受け、拒否したことろ訴えられ、会社の法務部等に迷惑をかけてしまった。

■Cさん(45歳、タイ人妻と同居@大家)の体験談
空き部屋が全然埋まらないので他の不動産屋へ相談したところ、衝撃の事実が!なんと勝手に部屋を貸し出していた!当然家賃は不動産屋のポケットへ!!

■Dさん(28歳、独身@賃借人)の体験談
人間やめますか?で有名な○○剤の大量所持事件で不動産屋が逮捕された。個人携帯しか知らなかったので檻の中にいる期間は当然全く連絡付かず。しかし後日一切謝罪無し。

■Eさん(28歳、独身@賃借人)の体験談
退去が決まった部屋に住んだいたところ、契約書に無い内覧を仕事のある平日に通告され拒否するも合鍵で勝手に部屋に入られた。部屋に彼女がいたので発覚。

タイの日系不動産屋まとめ

そもそも格安アパートしか住めない私には不要だし、個人的にはデメリットしか感じない日系不動産屋ですが、初めてタイに来た家賃は全額会社持ちの駐在員の方には心強い味方となってくれるであろう存在です。

日系不動産屋は検索すればいくらでも出て来ます。私からは紹介しません。紹介出来るような業者を知らないからです。ココはやめておけって日系不動産屋は何件もありますが、それも紹介しません。訴えられると面倒だし、893の企業舎弟だったりするところもあるそうなので、恨まれたら恐ろしいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする